千葉県は、同じ家族葬でも地域ごとに葬儀費用の相場が違う?

11月 16th, 2018

昔と違って、現代は葬儀費用の標準化ができやすい環境にあります。

それはネットの普及と大手葬儀社によるネットワーク化。

価格より大切な見極めポイントがあります。

◎葬儀社どうしの提携で域内格差はなくなった。

ネットが普及していなかった時代とは違い、現在では激しい価格競争で葬儀費用の平準化が起きています。

また大手の葬儀会社による提携も、地域格差がなくなった要因の1つです。

かつては地域ごとに葬儀費用の相場が異なっていましたが、現代では同じ千葉県内であれば格差はありません。

◎ネット検索だけでもわかる葬儀費用の標準化。

たとえば千葉県内であればだいたい同じ価格、東京であれば同水準といったように、少なくても小さな地域ブロック内であれば格差はありません。

家族葬にしても、1つのグループ会社がエリアを仕切っているため格差はありません。

ネット検索すればその実態がわかるはずです。

利用者はネットで一括見積もりを行なうといいますが、その見積もり自体も無意味な気がします。

◎葬儀費用の比較より、設備・仕様、サービス・対応の比較に差異があります。

同じ費用を払っても損をすることがあります。

千葉県とか千葉市内で葬儀費用の比較をしても意味がありませんが、設備・仕様、サービス・対応には格差が出ます。

大手の系列に入って価格的には標準化できても、設備・仕様は自費。

スタッフの教育は葬儀場個々の裁量に任されているケースが多いからです。

同じ費用を払うなら、そちらのほうに着目しましょう。